猫育て奮闘記

アメリカンカールのそら&むくの個人情報ダダモレブログです♪

ご訪問ありがとうございます!
多忙中につき、ただいま更新が不定期となっておりますが、いただいたコメント等は嬉しく拝見しておりますので、ぜひ足跡残してってくださいね♪

2013年05月

皆様こんにちは<(_ _)>

長い間不義理をしております。

その間も、変わらずご訪問してくださった皆様、

コメント欄、おきてがみ等にメッセージを下さった皆様、

本当に本当にありがとうございました。

長々とお休みいただきましたが、ようやくペット保険に関して、区切りがついたので、

ここらでちょっと記録も兼ねて保険の記事を載せておこうと思いました。

今日はたぶん「まじめ~」で「つまらな~い」お話となるため、

保険をご検討でない方や加入済みの方、また興味のない方はスルーしてくださいませ。

それから、記事中に保険の内容や保険料等が記載された表を貼り付けてありますが、

これは私がわかるように作成した表なので、

ちょっとした言葉じりや解釈が、実際の重要事項説明書や告知書とは

違う表現となっているものもあるかもしれませんので、あくまでも参考程度にご覧いただき、

疑問点等は、直接保険会社へお問い合わせくださいますようお願いいたします。



line_pi




さてさて、今回私が資料を取り寄せた保険会社は8社。

この8社全部の書類に目を通すのは、本当に骨が折れたわ。

それは本当に、涙無くしては…

全然語れる話なんだけどね(←おいっ)、ムダに長くなるので割愛♪

で、早速資料を前に「さぁ、読むぞぉ~!」と気合を入れたんだけどね、

なにせ活字を読むと3秒で寝れちゃう私。

「パラパラとパンフレットをめくりながら寝る」を繰り返しつつ、

あちこちの口コミサイトなども閲覧していったら、日増しに訳がわからなくなっていってね(笑)

だってね、どの保険も似たようなこと書いてあるし、比べるっつったって

どこをどう比べたらいいのかわからないわけよ。

なので、まずはこの8社から数を絞ることにしたの。

その絞り方とは



ペット保険に何を求めているか



これをまず自分の中でしっかりと考えをまとめること。

あら、「あたりまえぢゃん」って思った方もいるかしら?

そうなのよ、これって当たり前のことなんだけど、

実際にたくさんの資料を目の前にすると、わからなくなっちゃうわけさ。

というわけで、まずは資料を読む前に、私が一番に保険に求める物を考えてみたところ、




長期的な治療が必要な、重い病気もカバーしてくれる保険



私にとっては、後にも先にもまずこれが重要だと思ったわけね。

なので、これを軸にして資料閲覧スタート。

この8社の保険が長期治療が可能かどうかを見極めなくてはならないわね。

そこで、まずはじめに登場するのがパンフレットではなく「重要事項説明書」

BlogPaint
むっちゃん…そこはテーブルの上だと思いますが?


ペット保険は人間で言うところの「通院治療補償のついた医療保険」にあたると私は考えてるのね。

人間の医療保険は保険期間が10年だったり終身だったりするけど、

ペット保険の保険期間はたった1年しかないのよ。

人間の医療保険でも、一度保険金を受け取ると、再審査を受ける場合もあるんだけど、

それは保険の満期時。10年の保険期間であれば10年毎、

終身であれば、加入時に一回こっきりとなるわけ。

でもね、ペット保険の場合は保険期間が1年しかないわけだから、

再審査が毎年到来するということになって、保険会社によっては審査の結果、

保険金を受け取った病気の部位は「支払対象外」になってしまうがことあるのよ。

当然だけど、こうなってから他の保険に変えたところで、

他の保険会社でもその病気に対しては支払対象外、

最悪の場合、保険に入れないなんて事態になるわけさ。

これじゃぁ、せっかく入った保険も意味ないぢゃない?

なので、重要事項説明書をよ~く読んで、

更新時に継続治療が可能かどうかを確かめる必要があるわけなの。

重要事項説明書で確認が難しく、わからない場合は、

パンフレットや、ペット保険の比較サイトなんかに載ってるので、併せて確認してみてね。

ちなみに私が参考にしたサイトはこちら→ペット保険比較で選ぶ。



さて、8社取り寄せた資料の中に

「これは継続治療可能だね」と私の頭で解釈できたのはたったの2社。

っていうか、この2社だけが「継続治療可能」って書いてあった(笑)

なので他の保険会社でも継続治療できるところもあるかも…だけど、

私の頭では理解できなかったわ。。。

で、継続治療可能とわかったその2社とは、アニコムとペット&ファミリー。

なので、この2社に絞って比較表を作ることに決定。

もっとたくさんの比較表を作らなくちゃならないかと思ってたら、

あっさりと少なくなっちゃうものね( ̄∇ ̄;)

で、保険に求めることの次に重要になってくるのは、


うちの子たちがこの2社の保険に加入できるかどうか



どんなに2社が長期治療を補償してくれても、入れなきゃ意味ないものね。

というわけで、「重要事項説明書」の次は「告知書」を確認。

BlogPaint
乗ってると思いますが…( ̄∇ ̄;)


告知書には、「そもそも保険に入れないわよ」っていう病気と、

「加入できるけどこの病気は支払対象外ね」っていう病気の2種類の記載があるの。

「そもそも保険に入れないわよ」っていう病気は、申込自体がNGなのでそこで終了だけど、

「加入できるけどこの病気は支払対象外ね」って病気は、申込時に告知書に記載が必要よ。

保険金支払対象外3
                           ※クリックするとでっかくなります

「これは需要ね」って、私が思ったところは赤字にしてあるけど、

初めから保険に加入できない病気は、2社ともほぼ一緒。

ただ特定疾病対象外特約(支払対象外)になる病気については2社全然違うでしょ?

そらとむっちゃんに関しては、過去に「外耳炎」と「尿結石」の治療をしているので、

この病気を表で確認してみると…

アニコムの「特定疾病対象外の過去6ヶ月」の箇所に記載があるわね。

でも我が家の場合、どちらの病気も「過去6ヶ月」に治療をしていないから、

これは告知に該当しないのよん( ̄m ̄* )ムフッ♪

なので、記載の必要な~し♪

ただし、赤字で記してあるとおり、表に書かれていない病名(部位)でも、

アニコムは「過去6ヶ月」、ペット&ファミリーは「過去一年以内」に治療した

すべての病気やケガに対しては告知書に病名や経過を書かなければならず、

それらに関しては支払対象外、場合によっては保険に入れない場合もあるので注意ね。

ただ、アニコムの場合、加入時に特定疾病対象外特約が付いた病気も、

保険期間1年の間に同じ病気で治療しなければ、

更新時に再審査を受けてこの特約を外してもらうことも可能だそうよ。

でも逆に、その保険期間中に「別の病気」で保険金もらってたら、

再審査のときに今度はその「別の病気」の方が支払対象外になっちゃう可能性があるので、

更新時の再審査は、よぉ~く考えてから受けるようにしてね。


BlogPaint
あら~、怖い顔~(・"・;)


さて、これで長期的な治療も可能な保険に対して、

うちのそらもむっちゃんも加入可能ということがわかったわね。

そこで次に確認するのが



補償と保険料



ここでようやく保険料が記載されたパンフレットの登場。長かったわね。

これからずっとお世話になる保険だから、保険料はなるべく安いほうがいい。

そこで、そらとむくが15歳まで生きると仮定して、

そこまでに支払う保険料の総額も併せて計算してみたの。

保険内容
                         ※クリックするとでっかくなります。

2社とも70%補償だから、保険金支払対象の治療費の30%は自己負担することになるのは同じ。

50%補償っていう保険料がお安くなるタイプもあるけど、我が家は70%で比較。

で、口コミサイトでよく言われる「アニコムの保険料は高い」だけど、

こうして支払総額を比べてみると、ビックリするほど違うとは思わないわね。

更に2社とも、この保険料は月払いなので、年払いにすると更にお得よ。

ちなみにアニコムの保険料には継続保険料5%OFFを摘要して計算してて、

アニコムはその他にもマイクロチップ割引、多頭割引があってね、

それらを摘要すると、もう少しお安くなるわよ。

で、補償内容だけど、

2社で違うのはアニコムは一日の入通院に対する限度額が決まっているのに対して、

ペット&ファミリーには限度額が決まってないってこと。

ペット&ファミリーは一年間のすべてのケガ、病気、手術に対する治療の保険金支払額が

70万円に達した時点で保険が使えなくなるというしくみらしいの。


「14000円を無制限+手術140000円を2回」と「年間70万円」


なんか微妙ぢゃない?

もちろん、この補償にも細かな規定があるので、これだけでは判断できないけどね。

それを書くとえらく長くなるので、興味のある方は資料を取り寄せて確認してね。

それにしてもすごく悩んだわよ。どっちがいいかって。

でも、ただただ悩んでいても仕方ないということで、

実際にそらが結石になったときの領収証を持ち出し、

双方の保険に入っていたときの保険金の受取額に差が出るのか計算してみることに。

保険金を請求する際の目安になってくるのが、こちらの表↓
保険金支払対象外
                            ※クリックするとでっかくなります

こちらの表も、私が個人的に大事かな?と感じたところは赤字にしてあるわ。

この表と、実際の領収証を見比べて、支払対象と対象外を分けていくの。

そらの結石治療の保険金を計算する際に重要になってくるのは、

病院で購入した療養食代と、診療費。

まず、2社とも表にあるように療養食は支払対象外になるので自己負担ね。

で、問題は診療費。

実は、そらが結石治療をした時、合計5回通院してるんだけど、

そのうちの2回はすでに事前にお薬が処方されていたため、診察のみで終わってるのよ。

ここで表のペット&ファミリーの赤字部分にある「治療を伴わない検査・診療」が関係してくるの。

これはパンフレットのQ&Aで確認したんだけど、

「治療を伴わない検査・診療」=「投薬治療がない診察」にあたるようで、

検査や診療をしても原因がわからず「ま、とりあえず様子見で」って、先生に言われ、

お薬が処方されなかったり、投薬治療が無かった場合は

どんなに検査や診察にお金がかかっても支払対象外になるってことらしいの。

ということは、診察のみで終わったそらの診察2回分は、

アニコムであれば、窓口精算時に3割負担にしてくれるかもしれないけど、

治療の内容を領収証だけで判断するペット&ファミリーの場合、

自己負担になる可能性があるかもしれないということになるわけ。

これってデカくね?

ちなみに自己負担になるであろう、そらの診察料は、2回分で1800円でちた。












あら?


今、ちっせぇ女って思った?


いいえ、いいえ、いいのよ、いいのよ!

その通りだから。

でもね、それなりに大きい病気でも経過を診せに行くってことあるじゃん?

その時にうっかり先生が「ぢゃ、せっかく来たんだし、エコーでも撮っとく?」

なんて言われちゃったりすることない?(←うちはたまにある)

でもその時に、ペット&ファミリーに加入してたら、お薬が処方される日じゃないときには

必死になって「後日でぇぇぇぇ~」ってお願いしなきゃならなくなっちまうってことよ。

ま、極端な話だけどね。

ちなみに我が家の場合、先生に「とりあえず…」とか「来たついでに…」って言われた検査は

毎回丁重にお断り申し上げております(笑)


BlogPaint
早く降りないとドナルドに怒られるよ?


それと、重ねて言っておくけど、これは私個人の考えだから、

もしかしたら治療の一環として保険金は下りるかもしれないわよ。

でも、そのあたりは保険会社の判断に委ねるってことで割り切っておいたほうが良さそう。

それから、アニコムの通院限度額の方だけど、5日間の治療費はそれぞれ

限度額の14000円に達しなかったわ。

この日額14000円は、治療費の領収証を公開してくださっている方のブログから、

いくつか試させてもらったけど、どの治療も14000円には達しなかったわよ。

ただ、腎不全や心疾患などの重い病気治療の場合の検証はしていないので

もしかしたら限度額を超えてしまうかも…。

もし一回の通院で高額な治療費を支払うような病気の場合には

ペット&ファミリーの方が断然安心感が高いわよね。

そして重要なところはもう一つ。

アニコムは「時間外診療」や「診断書等の作成料」「往診料」は支払対象外だけど、

ペット&ファミリーは投薬治療さえしていれば「支払対象」になるのよ。

皆さんが保険を検討する際には、そのあたりもちょっと注目してみて、

「うちの子はビビリさんで、いつも往診をお願いしているの~」

なんていう方もいるかもしれないので(←いるのか?)、

ご自身やペットの生活スタイルに合った保険を見つけてくださいね。


BlogPaint
ほ~ら、見つかっちゃった~


そして、我が家の場合だけど、補償も保険料も一長一短って感じで、ぐずぐずと悩み続けた挙句、

超ズボラな私にとって、一番ラクぅ~な形の「窓口精算」と「損害保険会社」という安心感が

最後の決め手となり、最終的にアニコムに決定しました。




ってね、ここまで結論出したのが、かれこれもう10日くらい前よ(笑)

この結論を出した時点でなんか燃え尽きちゃってね、申込書はまだ書いてません(爆)

この記事も、その頃に作り始めて、何度も何度も書き直し続けて、グダグダしているのよね。

今からだと25日の締め切りに間に合わないので、申込は来月かな~。

いずれにしても早くしないとね( ̄∇ ̄;)



こんなグズグズな保険の説明で、理解してくださった方がいるかしら?

個人的な解釈が多すぎるので、参考にはならなかったと思うけど、

こんな順序で保険会社を絞っていくと、皆様のニーズに合った保険が見つかるかもしれないので

ぜひ試してみてくださいね~。

あ、それと、この順序は人間の保険にも使えるので、ご自身のライフプランにも使ってみてね。




【おまけ】

記事中にテーブルに乗ったむっちゃんが手で押さえていたものは

DSC_9050

買い物に出た際にたまたま見つけた、めっちゃゆる~い猫のコースターでした。

かわいいでしょ?

DSC_9062

最後に…

我が家の猫たちはとても元気ですが、

保険が一段落した頃から、夏に向けて、耳掃除強化期間に突入させたため、

現在、私の顔を見ると一目散に逃げてゆく日々を送っております。

嫌われまくってますよぉぉ。。。(ノ^T)グスッ。

そろそろ病院へも、薬をもらいに行かなきゃな~。





【お礼とお願い】

本日は長々とお付き合いくださってありがとうございました。

コメント欄は開けておりますが、仕事が多忙になっていることもあり、

もうしばらくの間だけ、コメ返&更新をお休みさせていただくことにしました。

皆様へのブログへは、お気遣いいただかなくて済むように

足跡が付かない携帯からコソコソとご訪問しておりまして、

時折気が向くとコメント残したりもしてます。

もうしばらくはコソコソ訪問が続きますが、何卒ご容赦をお願いいたします<(_ _)>



ブログお休み中&不義理中につき、ちょこっとだけ記念日更新です<(_ _)>



li_vanek5



我が家の第一王子「そら」


本日5歳になられました。


猫の5歳と言えば、人間で言うと35歳くらいだそうでございます。



DSC_9013



小さい頃から人間の気が向いた時に「少しだけ」と差し上げていた乳製品のおかげで



すっかり乳製品大好き猫にお成りあそばされたそら王子。



でも、人間用の牛乳は下痢になることもあるっつーので、先日








ペットショップでこんなものを購入して献上したところ、なんと




全然飲まねぇよ!




BlogPaint



そら王子のお腹を案じて購入したのでございますよ?



牛の乳に比べたら、目の玉が飛び出るくらい高うございましたのに…



でも、この5年ですっかり違いがわかる男へとお育ちになられて…。




私は嬉しゅうございますよ。



今日は「召使いその2」のドナルドと共に、



ささやかながらそら王子のお誕生日パーティーを催します。




乳製品大好きなそら王子のために、



今日は人間用ケーキの生クリームおすそ分けでございますね。



BlogPaint



王子、おめでとうございますね。








PS:王子って呼んであげるのは今日だけだからねぃ!






【おまけ】



そら王子が飲まなかったミルクを、喜んで飲んだのは


「紙でもビニールでも毛糸でも何でも食べます!」のこの方。



BlogPaint



こちらはまだまだハナタレ小僧。






・‥…━━━☆・‥…━━━☆皆様へお礼・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ブログ更新をお休みしているにも関わらず、

皆様からのたくさんのコメント、メッセージ、そして応援、

本当に本当にありがとうございます<(_ _)>

皆様にアドバイスいただいた保険選びもいよいよ佳境に入ってまいりました。

取り寄せたパンフを元に、一社ずつ重要事項説明書と告知書と読みふけり、

その中から長期的な病気にも対応可能な保険会社に絞ったのち、

そらとむくが15歳になるまでに支払う保険料総額を計算しました。

そして、そらが結石になった時の領収証を元に、

実際に病気になった時の保険金支払額を計算した結果、

最終的にアニコムとペット&ファミリーの2社に絞られました。

今、どちらの保険に加入しようか迷っているところです。

迷っているポイントは、

アニコムは損害保険会社であり、窓口清算が可能だが保険料が少しお高め。

ペット&ファミリーは少額短期保険会社であり、保険料がお得だが保険金請求が面倒。

この差をアニコムの場合「損害保険会社という安心感」+「保険金請求の手間賃」として

保険料に上乗せされていると考えるのが妥当と思えるかどうかが決め手になるでしょうか。

余談ですが、アニコムの保険料は高いとよく言われていますが、

実際に計算すると、保険料の総支払額はかなり安いですよ。

長い目で見ると、個人的にはとってもオススメな保険だと思います。

とはいえ、結論が出せないまま、いたずらに時間だけが経過していますが、

現時点では、皆さんのアドバイスを元に、

万が一保険会社が破綻なんていう事態になった時のことも考慮して

アニコムへの加入がいいのかなぁ~という気持ちに傾いております。

いずれにしても近いうちに結論を出してブログに復活したいと思っていますので、

もうしばらくのご猶予をお願いいたします<(_ _)>

アドバイスを下さった皆様、本当に本当にありがとうござしました!






本日コメント欄を開けてありますが、コメントのお返事はお休みさせていただきます。

でも、いただいたコメント、非公開メッセージは大切に大切に読ませていただいております。

不義理中につき、なかなかご訪問が叶わずにおりますが、

ペット保険の問題が解決し次第、また皆様のところへお伺いいたしますので、

何卒ご容赦をお願いいたします<(_ _)>