猫育て奮闘記

アメリカンカールのそら&むくの個人情報ダダモレブログです♪

ご訪問ありがとうございます!
多忙中につき、ただいま更新が不定期となっておりますが、いただいたコメント等は嬉しく拝見しておりますので、ぜひ足跡残してってくださいね♪

2014年10月

皆様こんにちは!

本日もご訪問くださってありがとうございます。

また、前回の記事にコメントくださった皆様、ありがとうございました。 

お一人お一人が、とても長いコメントをくださって、

とても大切に、一文字一文字を噛みしめながら読ませていただきました。

皆さん、本当に優しいですね。

 そして、私と同じような場面に出くわしたことがある方が多いことに驚きました。

やはり、その場に居合わせると、どうしていいかわからないですよね。

いまさらですが、あの時に猫ちゃんから首輪を取ってダンボールに入れてあげて、

飼い主さんあてに

「飼い主さんへ。お宅の猫ちゃんが○月○日に、この場所で事故に遭い亡くなりました。
亡骸は○月○日に市役所に連絡して引き取ってもらいました」

というような文言のチラシを作って首輪を貼り付け、

事故現場に貼り付けておけばよかったなぁと思いました。

ホント、いまさらなんですけど。

気持ちが落ち着くと、「あーしてあげればよかった」とか

「こーしてあげればよかった」と色々思い浮かびます。

正直、猫ちゃんをひき逃げしてしまった犯人ことも、

しばらくの間は許せなかったんですが、 

それよりも、お外をお散歩するのが日常の猫ちゃんには、

必ず迷子札をつけて欲しいと切に思いました。 

迷子札というよりは名札かな?

 お外のお散歩が日常ではないけど、時折ご家族と一緒にお出かけする猫ちゃんにも、

どうぞ、お出かけの際には、迷子札やリードを付けて出かけてくださいね。

サービスエリアなどで迷子になってしまった子も多数いますので。

 そして我が家も気をつけないと。

室内飼いの猫ちゃんは、とくにパニックになりやすいですからね。

もしそらやむっちゃんがいなくなってしまったら…

ブロ友さんの愛猫、愛犬たちが迷子になってしまったら…

もう、本当に心配でたまらないと思います。 

どうか、迷子札や名札は必ず付けてあげてください。

本当に本当に、これだけはお願いします。




そして、この猫ちゃんの一件で、ドップリ落ち込んでいた私を元気づけようと

思ったのか、ドナルドが週末に富士山の紅葉ドライブへ連れてってくれたのですが、

我が家のパソコン周辺機器の不具合により、 写真をパソコンに取り込めず…

ついでに写真を取り込むのに、記事を作る時間をすべて費やしてしまったので、

富士山の紅葉は来週まで持ち越して、今日は別のお話で簡単更新です。



i_hallnmvi_hallnmvi_hallnmvi_hallnmvi_hallnmvi_hallnmv



さて皆様、年賀状の作成は進んでますか?

我が家はまだ全然作ってないんですが(←おいっ)

毎年、年賀状ソフトから適当に選んだ絵を使って、兄に年賀状作成を頼んでいた母。

そのソフトに入っている絵は、あまり気に入らないとボヤいていたので、

「なんで、はやと君を年賀状に使わないの?」と素朴な疑問をぶつけたところ、

「その手があったか!今年はそれで行こう!」と、意気込んでおりました。

が、

写真は私が撮影するという…(なぜだ?)

飼い主さんが撮影したペットの写真は、どんなに腕のいいプロが撮影しても

絶対に適わないんだとか。

それほど、飼い主さんとペットの間には、信頼関係が構築されているのです。

ゆえに、撮影は母がやらないといけないのですが。。。

ま、機械オンチもはなはだしいのでね、私がやることになりました。

で、撮影したはやと君の写真の中から、母が一番気に入った写真を年賀状に起用します。

週末、ドナルドが富士山に連れてってくれる前に実家に立ち寄ったときに、

DSC_1339

実家猫のはやと君がちょうどお散歩中だったので、

急遽、はやと君の年賀状写真の撮影会をいたしました。

は~やとく~ん♪

DSC_1341

ちょっとお写真撮らせてくれる?

DSC_1340

ありがと~

はやと君のお許しが出たところで、撮影開始。

DSC_1349

とはいえ、ポースをとってもらうわけでもないのでね、

自由に動き回ってもらいます。

DSC_1358

可愛く撮れてるけど、後ろの車がイマイチかな?

しかも腹が…( ̄∇ ̄)

ポッテポテやね。後ろ足が腹の肉で隠れちゃてるわよ。

さすが、体重6.5kgはダテぢゃないわね。

DSC_1357

これならどうかな?

腹の肉で後ろ足が隠れちゃってるのは仕方ないとして、

車が写ってないし。

DSC_1365

こんなシブめな感じもいいかもね。

と、これからドライブっていうのに、デジイチ使いまくって

パシャパシャ写真と撮っている私。

ちなみにこのとき、ドナルドは洗車中でした。

さて、撮影場所を移動して、はやと君はブロック塀の上へ。

DSC_1376

はやと君…

腹のたるみようがハンパないね。。。

DSC_1379

「明けましておめでとう」の文字入れを意識して、

少しはやと君を左側に寄るように撮影してみたりもしました。

青空も映えてるし、カメラ目線なので、いいかな~なんて。

DSC_1391

で、この写真には実際に文字入れしてみました。

DSC_1391

字が小さくて見にくいけど、はがきサイズになればちょうどいいかと…

で、私の一番のお気に入りはこちら

DSC_1408

はやと君の笑顔が眩しいこの一枚。

後ろの洗濯物は気にしないでね(笑)

実際に写真を選ぶのは母なので、最終的にどんな年賀状になったかは

また後日ご報告しようと思います。




で、問題は我が家の猫たち。

こんな風に青空の下での撮影など出来ませんので、

どうしようかと考えていたところ、ちょうど別のブログで猫の自撮りアプリを

紹介してましたので、ダウンロードしてみました。

その名もにゃんこ撮り

アプリを起動して、そっと猫の足元に置きます。

すると、画面上におもちゃがウロウロしますので、

それを狙って、画面上に猫が手を置くとシャッターが切れるというもの。

10枚ほど連写されます。

というわけで、使ってみました。

動画も撮影してあったのですが、アップロードし忘れたので、

そのアプリで撮れた写真を全部並べてみます。


IMG_1665

天井(右横に茶色いものが…)


IMG_1666

天井&茶色いもの


IMG_1667

天井…(;´Д`)


IMG_1668

おぉ!?


IMG_1669

なんだ?これ


IMG_1670

( ̄_ ̄;)どうしたもんかね?


IMG_1671

はぁぁぁ…もう少しなんだけどな…


IMG_1672

どこの毛だ?


IMG_1673

あ、なんとなく顔の形が…

でも全然顔が撮れてない

このまま失敗か?と、思ったら、最後の一枚で

IMG_1674

どーん!

ド迫力で撮れてました

そらさん、耳がないね…

自撮りアプリで可愛く撮れたら、年賀状に使おうと思ったんだけど、

やっぱり、おーちゃくはダメってことね。

年賀状に使えるかどうかは別として、ペットのこんな顔は

あまり見ることもないと思いますので、

興味がある方は、ぜひ使ってみてくださいね。

猫がスマホ内のおもちゃを追いかけている姿を見るだけでも、結構楽しいですよ。

あ、アプリ代は100円です。

こちらからどうぞ
↓↓↓






本日もご訪問ありがとうございました!




★☆★コメントをくださる皆様へ★☆★
 
いつもコメントをくださってありがとうございます。更新の励みになり、とっても嬉しいです。
都合により、只今コメントのお返事をお休みしておりまして、
ブログをお持ちの方には、ご訪問の際にお返事代わりのコメントをさせていただいております。
時折ご訪問が遅れてしまうことがありますが、必ずお伺いいたしますので、
初めましての方も気軽にコメントをしてください。
コメントを投稿してくださる際にはURLも忘れずに入力してくださいね!
なお、非公開のメッセージを送りたい方は、
左側のブログパーツ「メッセージを送れますの♪」へ入力してくださいね。




皆様こんにちは!

本日も遊びに来てくださってありがとうございます!

せっかく来てくださったのに、すみません。。。

今日は通常の記事から外れます。

記事にしようかどうしようか、かなり迷ったのですが、

こういうことは、誰にでも起こり得ることで、実際に体験した方もいると思い、

また今後、自分に再び同じようなことが起こったときのために、

皆様からのお知恵も拝借したく、記事にすることにしました。

また、これから記事にすることは、生々しい描写を含んでいます。

あまりそういうのが得意ではない方は、本日の記事は読まないでください。

また、叱咤のコメントもいただくかもしれません。

以前もお願いしたとおり、私への叱咤は構いませんが、

不特定多数の人が、読んで不快な思いをしそうな場合は

コメントは非表示にさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

よろしくお願いします。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


先週木曜日の会社帰りのこと。

秋が深まり、最近は17:00過ぎた頃からあたりは暗くなり、

自宅へ戻る頃には、もう夜になっています。

そんな辺りがほぼ夜に近い状態になった17:45

いつものように仕事を終え、自転車で自宅まであと5分くらいの場所まで戻ってきた十字路で

対向から走ってきた車から「パーン」と、風船が割れたような音が聞こえました。

思わず音がした方へ目をやると、一台の車が停まっていました。

車の下の部分は街頭の陰になっていて何も見えません。

「パンクでもしたのかな?」とさほど気にもしなかったのですが、

その車は程なくすると再び走り出しました。

「あれ?普通に走り出したな」と思っていると、

その車の陰から、街頭に照らされた場所へと何かが出てきました。

白いものがバタバタしています。


え?鳥?


ちょうど、鳥が羽をバタつかせているように見えたんです。

後続車はそれを避けて走っていきます。

鳥を撥ねたのかしら?

転がるようにして街頭下の明るい場所へ出てきた全貌を見てビックリしました。



猫です。



鳥のようにバタバタしていたのは紛れも無く猫でした。

ちょうど前転を繰り返すように、転げまわっています。

おそらく、道を渡ろうとして交差点内に駆け出したところ、車に撥ねられたのだと思います。

強い衝撃とともに襲い来る激しい痛みと驚きに、

とにかく身を隠そうとしたのか、渡りきろうとしたのか、

必死に走ろうとしても、体の均衡が崩れてまったく走れず、転がっているように見えました。

撥ねられた場所から、私のいる場所へはゆるい下り坂になっていて、

その猫は、転がりながら、体をバタつかせながら、私の目の前まで転がりながら落ちてきました。

その間、ほんの数秒です。

猫が撥ねられたことに気付いて、自転車を停めている間に

私の目の前まで猫が転がってきたんです。

目の前にいる猫は、まるで水から上げられた魚のように、体を跳ね上げていました。

私が通勤に利用しているこの道は、幹線道路と並行している道で、

多くの人が抜け道として利用して、法定制限速度は30km/hなんですが、

幹線道路の渋滞を避けるため、ほとんどの車は40~60km/hで走行しています。

バタついてどちらに進むか予測不能の猫に、

今思えば、どの車も徐行して通り過ぎてくれたおかげだと思いますが、

車道へ飛び出した私は車に轢かれることなく、すぐにその子を抱きかかえて、

歩道まで連れて来る事ができました。

正直、そのときに車の存在など気遣っている余裕などなく、

私の頭の中には「とにかく病院へ、助けなきゃ」としかありませんでした。

でも、自転車の私には、その子を運ぶ手段がありません。

まっすぐに走れず転がるようにバタついていた時点で、

脳が損傷したんじゃないかとも思っていましたので、

正直、どうしていいかわからず、私自身もオロオロしていたんです。

「病院…病院…病院…病院…どうしたらいい?どうしたら連れて行ける?」

こんなことは一度も経験したことが無いので、私の足はガクガクと震えてました。

「助けたい、なんとかしたい、病院…病院…」

私は、歩道にその子を横たえ、自転車の籠から携帯を取り出し、

「お願い、出て!」と願いながら、ドナルドに電話すると電話に出てくれました。

私と同じく自転車通勤のドナルドは、帰宅途中では電話に気付かず出ることはありません。

そのドナルドが電話に出たということは、自宅に戻っているということ。

ドナルドが自宅にいれば、車でここまで駆けつけてもらえます。

とにかく病院へ連れて行ってあげたい!

助けられるものなら助けたい!

必死でした。

ドナルドが電話に出たことで少し落ち着いた私。

歩道に横たえた猫は、バタバタすることなくぐったりしてしまっています。

ドナルドに事情を説明しながら、ぐったりした猫を見て気付きました。

目が…

車に当たった衝撃でしょうか、猫の目が飛び出してしまっていました。

「助かるだろうか?」そのとき初めてそう思いました。

でも、助かる命なら助けてあげたい。

「とにかくここへ来て欲しい、病院へ…」とドナルドに話している最中、

ぐったりしていた猫が、ぐーっと片足を上にあげたので、

「大丈夫だよ。待っててね」と声を掛けていると、上げた足がすーっと下がり、

それと同時に呼吸が止まりました。

まだドナルドと通話中の電話を片手に愕然としました。





助けられなかった…。






猫が撥ねられたことに気付いてから、息を引き取るまで、5分ほどしか経っていません。

あっという間の出来事でした。

放心状態のままドナルドに息を引き取ったことを伝えると、ドナルドから

「首輪はしてる?」と聞かれました。

ハッとして、もう一度猫を良く見てみると、なんと、首輪をしていました。

でも、迷子札も付いてなければ、首輪の裏側などに連絡先の記載もありません。

お散歩に出てきたところだったのか、家に帰るところだったのか

飼い主さんは、猫がお家に帰らなかったら心配するだろうな…

本当は、この選択は間違っているかもしれませんが、

ドナルドと相談して、猫ちゃんをそのまま歩道に横たえて家に帰ることにしました。

私たちが亡骸を引き取ってしまったら、飼い主さんが心配して探しに出てきたときに、

姿が見えないまま心配な毎日を過ごすよりは、亡くなったことがわかった方がいいと思いましたし、

この方法以外に、飼い主さんに知らせる方法が思いつかなかったんです。

自宅へ戻る間、手に付いた猫ちゃんの血を眺めながら

「助ける方法はなかったのか?」

「ほかに私に出来ることがあったんじゃないか?」

頭の中で自問自答を繰り返し、同時に

「助けてあげられなくてごめんね」

「最期を看取ったのが、飼い主さんじゃなく、こんな見ず知らずのオバさんでごめんね」

「本当にごめんね」

と、繰り返し心の中で、その猫ちゃんに向けて謝り続けました。

そして、自宅に着いた私は、情けなさと悔しさで、そのまま泣き崩れてしまいました。

何も出来なかった…助けられなかった…

自分はこんなにも無力だ…

今頃、本当ならおうちの暖かいベッドでお休みできているはずなのに、

冷たくて硬いコンクリートの上に寝かせてきてしまった。

最低だ、私。。。

その晩は、布団に入っても、眠りにつくこともままなりませんでした。

明けて金曜日。

猫ちゃんのことが気になり、会社への通勤途中に様子を見に行きました。

すると、猫ちゃんを横たえた場所に、ひとつのダンボールが。

蓋が閉じられたダンボールの上には

「死骸 10月17日 市役所連絡済」と紙が貼り付けられていました。

ご近所の方が、猫ちゃんをダンボールにいれ、市役所に連絡してくれたようでした。

飼い主さんにはかわいそうだけど、こうするしかないんだよな…

でも、もし誰かがやらなかったら、自分がやるつもりだったので、

悲しいけど、少しだけ安心して会社へ行きました。

ただ、仕事に行ったものの、あまり仕事に集中できず、頻繁に

猫が轢かれた時の様子が「助けられなかった」という思いとともに、フラッシュバックします。

仕事中、何度も頭を抱えました。

この数日、ネットの迷い猫情報を見ていますが、

特徴が良く似た猫ちゃんの迷子情報は出てきていません。 

sae地方は田舎なので、猫ちゃんが外をお散歩するのは、まだまだ当たり前で

2~3日家に戻らなくても、心配で探し回る飼い主さんも少ないかもしれません。

それでも、もし飼い主さんが猫を探しまわっていたらと思い、

道路にそのまま横たえてきましたが、

できれば、亡骸を夜風にさらす様なことはしてあげたくない。

実は事故で亡くなってからもうすでに4日経過していますが、

市役所は、まだ猫ちゃんの亡骸を引き取りに来ていません。

毎朝、亡骸の入っているダンボールを見るたびに、胸が痛みます。

このブログをご覧になった飼い主さんだけでもいい、お願いですから

どうか、お外にお散歩に行くのが習慣の猫ちゃんには迷子札をつけてあげてください。

今回、飼い主さんへ連絡ができたら、どんなに良いだろうと何度も思いました。

猫ちゃんは大事な家族です。

万が一、愛猫にこんな悲劇が起こったとき、最期をちゃんと見送ってあげたいと思いませんか?

 そして、こんな場面に皆さんが出くわしたとき、皆さんならどうしますか?

やっぱり私がしたことは間違いだらけだったでしょうか?

ほかに何かしてあげられることがあったでしょうか?

正直、私もまだその時のショックから完全に立ち直ってはいません。

記事にするのも辛いです。

でも、お外へお散歩に出る猫ちゃんには、こんな危険があることを知ってほしいと思い、記事にしました。

そして、もしこの時に、私に何か出来ることがあったのなら、どなたかご教授いただけませんか?

 もう二度とこんなことは起こってほしくないですが、

同じシーンにまた出くわすことがあったら、今後の参考にさせていただきたいのです。

どうか、よろしくお願いします。 




追伸

気持ちの整理がついてなくて、かなり変な文章かもしれませんので、読みづらかったらすみません。

そして、こんな話を最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました。




本日もご訪問ありがとうございました




★☆★コメントをくださる皆様へ★☆★
 
いつもコメントをくださってありがとうございます。更新の励みになり、とっても嬉しいです。
都合により、只今コメントのお返事をお休みしておりまして、
ブログをお持ちの方には、ご訪問の際にお返事代わりのコメントをさせていただいております。
時折ご訪問が遅れてしまうことがありますが、必ずお伺いいたしますので、
初めましての方も気軽にコメントをしてください。
コメントを投稿してくださる際にはURLも忘れずに入力してくださいね!
なお、非公開のメッセージを送りたい方は、
左側のブログパーツ「メッセージを送れますの♪」へ入力してくださいね。

皆様こんにちはっ!

本日もご訪問くださってありがとうございます。

台風18号の爪あとも生々しいうちに、次の台風が上陸してきていますね。

現在台風の渦中にいる皆様、大丈夫でしょうか?

ケガなどしてないでしょうか?とても心配です。

 我が家は本日遅くに最接近の可能性があるため、

事前に食料を買い込んで、本日は自宅でゆっくりしております。

先ほどからずっと、地域防災の放送で注意喚起が繰り返し流れてます。

また、ドナルドの会社付近は水没地域(元沼地)で、

台風18号のときに、思いっきり水に浸かってしまったため、

大事をとって明日も会社がお休みになりました。

 会社よりも社員の命が一番ですものね。

我が家同様に、これから台風が接近する地方の皆様は

台風の備えは大丈夫ですか?

無理な外出は控えて、とにかくお家でゆっくりしてましょうね。


 
002



さて本日は、先週の記事の続きです。

記事を更新した翌日から、早速アレルギー対応ごはんの試食テストをはじめました。

6種類のフードのうち、まず最初にチョイスしたのはこちら

DSC_1171

カリフォルニアナチュラル キャット ニシン&さつまいも 500g

箱の中にはフードが250gずつ個別包装されております。

こちらは、病院のアレルギー検査結果にオススメフードとして記載があったもの。

なので、まず一番最初はこのフードからスタートです。

DSC_1174

そうです。

できれば美味しいご飯であってほしいフードです。

では、食べてみましょうかね?

DSC_1178

あまり期待しないでね。。。( ̄∇ ̄;)

こちらのフードを、まずはロイカナと混ぜてあげてみます。

フードの大きさの違いはこんな感じ

DSC_1181

ロイカナとあまり変わりませんが、三角形なんですね。

カロリーはカリナチュの方が、少しカロリー控えめなので、

量を減らさずにあげてみます。

DSC_1182

果たして食べてくれるでしょうか?

アレルギーが出るかどうかより、まずは美味しくないとね。

では召し上がれ~

DSC_1188

大丈夫かな?

DSC_1190

無言で食べ続けるってことは美味しいんだよね?

DSC_1196

そらちゃん、完食!食べるの早っ!

DSC_1197

食べちゃったね。美味しかった?

DSC_1199

美味しかったんだね…( ̄_ ̄;)

DSC_1203

むっちゃんも、怒るってことは美味しかったってことだね。

と、いつもなら、このまま食べるのを諦めてしまうむっちゃんですが、

DSC_1207

めずらしく台所まで戻って、おかわりを催促。

この日は初日ということもあり、特別に追加をあげました。

DSC_1223

美味しかったようでよかった♪





と、思っていたのもつかの間

3日ほど過ぎたあたりから、仕事から戻ると必ず嘔吐の後。

どちらが吐いたものかわかりませんが、そらとむっちゃん二人とも嘔吐してる思います。

嘔吐してあったものは、液体か毛玉だったので、

フードはちゃんと消化されている様子。

ふたりとも食欲があり、急を要するような体調不良に見舞われたわけでもないので、

とりあえずフードはそのまま変更せずに、さらに2日が過ぎた頃、突如、



むっちゃん、カリナチュ拒否!



初めのうちは、ものめずらしくて食べただけだったんでしょうね。

1週間も経たないうちに拒否られるとは思ってもいませんでしたが仕方がないです。

カリナチュは、開封した250gの袋を完食することもないまま、

我が家のフード候補から姿を消しました。

ただ、そらは

DSC_1222

美味しく食べられているようです。

500g入っているうちの開封済み250gの袋がカラになるまでは、

そらにだけ混ぜてあげようと思います。

で、お試しフード2品目ですが…

次は

クプレラ CUPURERA ベニソン&スイートポテト

こちらを試してみようと思います。

アレルギーに配慮したフードの原材料はほとんどが魚なのですが、

その中で唯一、肉を原材料にしたフードです。

もしかするとむっちゃんは、魚が嫌いなのかも知れませんので、

肉系のものをあげてみて、様子を見てみます。

で、アレルギー指針にした、むっちゃんの食後の目の状態ですが

カリナチュだけであげる前に拒否られちゃったので、結局観察できず。

まあ、どんなにアレルギーに配慮した良質なフードを購入しても、

そもそも猫たちが食べてくれなければ、意味がないものね。

前回の記事では3種類くらい候補が残ってくれれば…なんて

お気楽なこと言ってましたが、今はとにかく

一種類でもいいから、食べられるものが残ってほしい!

そう思っているsaeなのでした。。。






【おまけ】


フードを探して、サイトをウロウロしていた時に、

偶然こんなもの見つけ、衝動買いしました。

DSC_0955

こちら、こんなスッキリしたデザインの袋に入ってますが、ネコ砂です。



BOXIECAT/ボクシーキャット

アメリカの動物病院専用のネコ砂だそうで、


100%自然素材
99.9%ホコリがたたない
無香料でも匂わない
ガッチリ固まる


と、いい事尽くしのネコ砂なんですよ。

半信半疑でお試し購入して、実際に使ったらビックリ!

本当にホコリがたたない!

いつもネコ砂交換の際に、このホコリでムセていたので、

ちょっと嬉しくなっちゃいました。

DSC_0980

左がボクシーキャットです。

エバークリーンよりも細かい砂です。

で、撮影中にむっちゃんがちょうど用を足しにきましたので、

どちらに入るのか見ていたところ

DSC_0985

今までのネコ砂ではなく、ボクシーキャットの方に入り

DSC_1044

用を足してました♪

けっこうガッチリ固まってましたよ。

固まりもエバークリーンより小さいかも。

このネコ砂、楽天でも1店舗しか扱っておらず、

10月末日までは返金保証キャンペーン中で、

お一人様一袋しか購入できないので、

キャンペーンが終了したら、このネコ砂に変更する予定です。

フード探しで毎日ウンウン唸ってたんですが、

そのおかげで理想的なネコ砂に出会えたので、

それだけでも、唸った甲斐がありました。

ただ、10月末日まで、たったこれだけの砂でもつんだろうか…不安…




本日もご訪問ありがとうございました!



★☆★コメントをくださる皆様へ★☆★
 
いつもコメントをくださってありがとうございます。更新の励みになり、とっても嬉しいです。
現在、体調不良により、折り返しのご訪問が大幅に遅れております。
皆様には不義理ばかりで本当に申し訳ありませんが、
何卒ご容赦くださいますようお願いいたします。 


 

皆様こんにちは!

本日もご訪問くださってありがとうございます。


皆様の地域では、台風の被害は大丈夫ですか?

sae地域も今朝はすさまじかったです。

DSC_1142

写真には写ってませんが、横殴りの雨と、すごい風が吹いておりました。

ちょうど出勤時間と台風上陸が重なったsae地方。

でも、台風が上陸中だろうが、道路が冠水していようが、車は走ってる。

写真は撮ってませんが、歩いている人もチャリに乗ってる人もいました。

皆さん、出勤途中だったんだろうと思います。

日本人て、マジメだな~と思う瞬間でございますよ。

私は不真面目な日本人なので、会社から自宅待機命令が出る前に、

上司に「自宅待機します」って連絡しちゃいましたけどね(笑)

台風が過ぎても、増水や高潮で、まだまだ危険ですから、

海や川に近い場所にお住まいの方は、絶対に近づかないようにしてくださいね。

そして、台風の被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。





i_hallnmv   i_hallnmv   i_hallnmv   i_hallnmv   i_hallnmv




さて、そらとむっちゃんのアレルギー検査から2ヶ月。

今まで食べていたご飯が終わりに近づいてきましたので、

アレルギーに引っかからないフードを、いろいろとお試し購入してみました。

おさらいがてら、2にゃんのアレルギーを全部あげると

鶏肉、羊肉、七面鳥、アヒル、カモ、米、玄米、大豆、ビール酵母

シーフードミックス、いわし、サバ、アジ、Flax

以上の14点。

改めて見ると、本当にため息しか出てこないラインナップだわ…

ちなみにFlaxとは、亜麻仁(あまに)のことで、亜麻というとても可愛らしいお花

item-d0024-4

この花の種のことだそうです。

オメガ3系の脂肪酸であるα-リノレン酸を多く含んでいて、

人間ももちろんのこと、猫さんの栄養源としても、とても良いものなんです。

しかも、アレルギー反応を抑える物質として有名らしいのですが、

我が家の猫は、こんな良いものにもアレルギー反応が出たんですよね…。

で、色々調べた限りで、2にゃんのアレルギーのどちらにも引っかからないドライフードが

DSC_0961

6種類見つかりました。

たったこれだけ?って思ってしまいそうですが、

鶏肉や米、大豆などの一般的なキャットフードに多く使われている食材がNGの

2にゃんにとっては、これだけフードが見つかっただけでも、儲けものです。

ひとつずつ紹介していきましょうかね?

商品名をクリックすると、販売店舗にジャンプします。

写真前列の左側から

アカナ パシフィカキャット

オリジン 6フィッシュキャット

フィッシュ4 キャット サーモン

カリフォルニアナチュラル ニシン&さつまいも

で、写真後列の右から

クプレラ(cupurera)ベニソン&スイートポテト

CUPRERA クプレラ ホリスティックグレインフリー・キャットフード

写真右手前のネコ缶ですが、これは購入したショップがオマケでくれたもの。

残念ながらラム肉の缶詰だったため、我が家はNG。

実家猫のハヤト君に進呈しました。


話は前後しますが、実は私がこのフード選択に悩んでいたときに、

ドナルドから「そこまでしなきゃダメなの?」と聞かれました。

そうなんです。

これだけのフードを購入しても、そのことが一番の気がかりなんです。

というのも、我が家の猫たちのアレルギー反応って


とっても希薄


それはそれで、とても嬉しいことなんですが、逆を言えば

現在のフードでも、アレルギーが出てるのかどうかさえわからないんですよ。

なので、食事を変えたら何かが劇的に変わるかと言われると、

ちょっとわかりづらいのではないかと思うのです。

だからドナルドも「フードは今のままでいいのでは?」と思ったんじゃないかと思います。

ただ、アレルギー症状を、今後少なくするためのものですから、

やっぱり変えたほうが良いに決まってます…のはずです。

じゃあ、どうやってアレルギーを見極めるのか。

色々考えましたが、一番わかりやすそうなこちらで見てみることにしました。

それは

DSC_5015

むっちゃんの目です。

この写真は2年ほど前に撮影したもの。

食事の際には必ずホロホロと涙を流しながら、ご飯を食べるむっちゃん。

そのときは涙と一緒に、目の周りが赤くなっているのも気になっていました。

 
DSC_4928

当時むっちゃんは1歳。

年を重ねるごとに、その症状が目立たなくなっていったので、あまり気にならなくなったものの、

今でも、必ず食後数時間は、ほんのり目の周りが赤くなります。

アレルギー検査の時は、ちょうど食後だったため、

むっちゃんの目がほんのり赤くなっていたのを先生に診ていただいたところ、

「こんな風に赤くなるのはアレルギーかも…」と言われたこともあり、

今回は、このむっちゃんの目を観察しながら、フードを選んでいこうかと思ってます。

DSC_0009

まあ!人聞きの悪い!

実験じゃなくてお試しよ。お・た・め・し♪

DSC_0011

Σ(-_-+)ピキッ

DSC_0013

でもね、今までのご飯よりは美味しいと思うよ。

なんてったって、ロイカナのの金額払うんだからね。

そらのアレルギーについては、むっちゃんよりもわかりにくいので、

とりあえずは結石が再発しないというところと、太らないことに集中して、お試ししていきます。

DSC_0001

めずらしく、そらとむっちゃんを励ますドナルド。

でも、今までより高級なフードになるってのに、励ますって変だけど、まあいいか。

DSC_0007

???

DSC_0029

( ̄▽ ̄;)

一応ドナルドの名誉のために行っておきますが、

ドナルドが嫌われているわけではありません。

酔っ払うとちょっとしつこくなるだけ~( ´艸`)

今回購入したフードを全部お試し終わるのには、大体1~2ヶ月ほどかかりそう。

なので、各フードの結果については、追ってまた記事にしていきます。

なるべく私が忘れないうちに記事にしないとね(笑)

この候補の中から最終的に3種類くらいのフードが残ってくれることを期待してます♪






【おまけ】

先日行った岩合さんの写真展に感化されて、

迫力のある写真を撮ってみたくなり、コンデジで挑戦してみました! (←コンデジかよっ!

どーーーん!

P1130336

The イカ耳&強烈二重顎

はやとくんです。

構図もへったくれもなく、ただただ迫力ある写真を撮ってみたかっただけ。

P1130334

う~ん…

たまたま?

ちょっと試しに撮ってみたかったからさ。

ささ、いいお顔してくださいね。

P1130324

すばらしい!

ありがとうね、はやと君。

ただ、岩合さんの写真とは全然ちがう雰囲気の出来上がりになりましたorz

次はデジイチ持ってくるから、またモデルよろしくね♪

ちなみにあれこれカメラをいじっているうちに

むっちゃんは、モノクロ写真が似合うことに最近気付きました。

DSC_0035

アップで撮ると、目の模様がとっても綺麗です。

これからは、少しモノクロ写真も増やそうかな?

白猫だからモノクロでも大丈夫だしね♪



本日もご訪問ありがとうございました!



★☆★コメントをくださる皆様へ★☆★
 
いつもコメントをくださってありがとうございます。更新の励みになり、とっても嬉しいです。

先週は、想定外の体調不良に襲われまして…

皆様のブログを読み逃げしている状態です。

コメント残せなくて本当にすみません…。

だいぶ復活してきましたので、今週は…たぶん今週は、コメント残せるかと思います。

本当に不義理ばかりで申し訳ありません。
 

 

皆様こんにちは!

本日もご訪問くださってありがとうございます!

また、前回のジュリアーノの記事では、たくさんのお悔やみコメントありがとうございました。

ジュリの飼い主であるRicoも、皆様の暖かいコメントにとても感動しておりました。

そのRicoから皆様へ、お礼のメッセージを預かっておりますのでお伝えしますね。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

皆様、ジュリアーノに、暖かいお言葉ありがとうございました。
家族全員、ボロボロ泣きながら、皆様からのお言葉を頂戴しました。

ジュリが亡くなり、暫くは何をするにも、力が入らなかった私でしたが、
数日前、泣きながら床についた私のところに、
遠くてシルエットだけでしたが、ジュリが来てくれました。
ジュリは、私が悲しくて泣いたり、家族が言い合いしたりすると、
必ずそばにきて、じっと見つめて慰めてくれる子でした。
きっと心配してくれて元気づけてくれるために
「がんばれ!」って言うために現れてくれたんだと思います。

人生の転機を迎えている今、優しいジュリが見守って応援してくれてる…
ジュリが戻ってきたときに、笑顔で「おかえり」って
言ってあげられるように頑張るって決めました。

本当にジュリは私の宝です。これからもずっと…。

最後になりましたが、皆様と皆様の大切な猫ちゃんたちの幸せをお祈りしています。
そして、ジュリが戻ってきたときには、真っ先にお伝えします。

皆様、本当にありがとうございました。

Ricoより


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

大切な愛猫を亡くした悲しみは計り知れませんが、

私自身は悲しみよりも、また会えるという期待のほうが実ははるかに大きいです。

そして、その大きな期待を胸に、こんなに晴れやかに猫を見送ったのは人生初でした。
 
小さくてふわっふわな毛玉サイズになって戻ってくるジュリを思い描きながら、
 
またいつか、ジュリが戻ってきたときに、このブログでお伝えできることを

私も楽しみに待っています。




002



さてさて、月末でバタバタしておりまして…

ちょっと遅くなりましたが、今週の更新でございます。

先週末、母と二人でこちらへ行ってきました。

P1130340

岩合さんのねこ展でございますよぉ!

土曜日のお昼に母と待ち合わせをして、お昼を食べてから行く予定だったのですが、

母が街中に出てくるのは、とっても久しぶりだったため、

ねこ展にたどり着くまでに、あちこち寄り道してお買い物して、

もう足も疲れてヨレヨレになったころに到着しました(笑)

でもステキでしたよ~。

ポストカードをいただいたりしたことはあったんですが、

あんな大きなパネルで見ると、さらにステキ度が上がりますね♪

正直「ねこの写真見てもね~」的な部分もあったのですが 、

岩合さんの写真のすばらしさの前に、ただただ感動しまくりでした。

仕事で行けなかったドナルドが悔しがってましたよ(笑)

で、ねこ展と同時開催していたねこグッズ販売でもお買い物。

DSC_0046

戦利品です。

たった5点しかかってないのに、6000円以上払いました(笑)

100%衝動買いでございますよ。

人間用にはストラップとキーホルダーを購入したんですが、

この、頭頂部しか写ってないストラップがちょーかわいいの!

DSC_0094

ね?かわいいでしょ?

これは、necodonさんのうとうと子猫ストラップ って言って、

こうした展示会以外では、peppyでしか買えないんです。

写真ではわかりにくいですが、実物はとっても小さい。

どのくらい小さいかというと

DSC_0050

このくらい(笑)

むっちゃんが巨大に見えます。

そらと比べると

DSC_0134

こんな感じ。

そら色とむっちゃん色の2色を買って、

一緒に購入した皮製のキーホルダーに付けたあと、車のリモコンに装着しました。

ドナルドが「かわえぇ~♪」とエラく気に入っておりましたよ。

そして、そらとむっちゃんへのお土産が2点。

まずはこれ


 シンシアジャパン ナチュラルラタンボール

サイトを見ていただくとわかるんですが、このラタンボール、結構大きいんですよ。

うちの猫たちは、あまり大きなボールになると遊ばないから

あまり期待してなかったんですが、


やっぱり遊ばなかった…orz


もう少し小さいと遊んでくれるんだけどなぁ。

自然素材で出来ていて、安心おもちゃだったのに、残念でした。。。

そして、もうひとつ


シンシアジャパン オーガニック2キャットニップトイ ...

これはね、絶対に気に入ると思ったんですのよ♪

というのも、このおもちゃがあったブースの周辺は、キャットニップ臭が強烈で

思わず商品の前で立ち止まってしまったくらいだったから。

で、手にとってマジマジと見てみたら、なんと、このおもちゃの中身は

100%キャットニップ

綿も何も入ってないのよぉ!すごくない?

こりゃ、そらもむっちゃんも大喜びねぃ!ってことで即買い。

猫たちは私が帰宅した瞬間に、おもちゃのニオイに気が付いて大騒ぎでした。

というわけで、このおもちゃを、まずはそらに…

DSC_0212

進呈する前にこのありさま…( ̄∇ ̄)

ニオイを嗅ぎつけて

DSC_0274

むっちゃんも乱入。

ふたりを静止して袋から出してあげました。

DSC_0318

改めて、そらから~

DSC_0332

強烈なニオイをよく嗅いで

DSC_0334

そらちゃん、至福の時間。

DSC_0346

よだれまで垂らしちゃって

と、そこへ

DSC_0351

 むっちゃん乱入

DSC_0363

無言で近づき

DSC_0370

略奪

DSC_0378

そらちゃん、せっかくのおもちゃを持っていかれちゃったね。

DSC_0390

そら…( ̄▽ ̄;)おもちゃないのに…

って、そんな心配はご無用!
 
なぜならおもちゃを置いた場所の残り香も強烈だから。

DSC_0397

そら、ほろ酔いです。

その後も、そらがおもちゃを使っていると

DSC_0469

むっちゃんが略奪していく…を繰り返し

とうとう

DSC_0596

ケンカ勃発。

おもちゃはそっちのけです。

DSC_0601

DSC_0600

DSC_0603

DSC_0604

むっちゃん、全然勝ててないね。

でも、

DSC_0656

そらの方が劣勢に見えるのは私だけだろうか?

その後、

DSC_0630

ケンカは更にヒートアップ。

またたびやキャットニップは、うちの猫たちを凶暴化させます。

仕方がないので

DSC_0685

おもちゃをタオル代わりに放り込んでレフェリーストップ

DSC_0686

むっちゃん、気付きました。

少々お怒りモードのそらの横を

DSC_0701

そーーーーっと抜けて、

DSC_0716

おもちゃ略奪。

一方、そらは怒りが治まらないかと思いきや

DSC_0764

床に残ったおもちゃの残り香でクネクネ( ̄▽ ̄;)

ま、これはこれでいいんでしょう。ケンカも一時休戦となりました。

むっちゃん、子猫のような顔で遊んでますが、

DSC_0929

そらは満足したかしら?

DSC_0933

むっちゃん、ちょっと遊びのボリュームを下げ…

DSC_0937

DSC_0937

そら、何もそこまで言わなくても…

DSC_0938

( ̄▽ ̄;)

まあまあ、そらさん、あの白い猫も酔っ払いですから。

飼い主的には、これだけおもちゃを気に入ってくれたら大満足なんですけどね。

当分、この酔っ払い同士のケンカは続きそうです。





本日もご訪問ありがとうございました!




★☆★コメントをくださる皆様へ★☆★
 
いつもコメントをくださってありがとうございます。更新の励みになり、とっても嬉しいです。
都合により、只今コメントのお返事をお休みしておりまして、
ブログをお持ちの方には、ご訪問の際にお返事代わりのコメントをさせていただいております。
時折ご訪問が遅れてしまうことがありますが、必ずお伺いいたしますので、
初めましての方も気軽にコメントをしてください。
コメントを投稿してくださる際にはURLも忘れずに入力してくださいね!
なお、非公開のメッセージを送りたい方は、
左側のブログパーツ「メッセージを送れますの♪」へ入力してくださいね。