猫育て奮闘記

アメリカンカールのそら&むくの個人情報ダダモレブログです♪

ご訪問ありがとうございます!
多忙中につき、ただいま更新が不定期となっておりますが、いただいたコメント等は嬉しく拝見しておりますので、ぜひ足跡残してってくださいね♪

そら

皆様こんにちは!

本日も遊びに来てくださってありがとうございます!

前記事の新しい猫友さんに、コメントくださった皆様、ありがとうございました。 
ここじい様にも喜んでいただけたようで、安心しました。
ここじい様、これからもよろしくお願いいたしますね♪

さて、昨日はバレンタインでしたね。
なので、バレンタインにちなんで、本日はあったかネタ3連発でございます。

まずはあったかネタひとつ目。
皆様、大切なご家族やご友人に贈り物はしましたか?
私の今年のバレンタインは、10年ぶりに

手作り

に挑戦いたしました!

と言ってもチョコレートを作ったのではなく、
前記事のおまけの話でご紹介したマヌカハニーを使ったパンナコッタを作ったんです。 
レシピはこちらを採用(クックパッドさん、いつもありがとう!)
出来上がり予想は
bc24241ea13e10b1771eb50099480169
                              ※拝借画像
こんな感じだったのですが
 これをおむすび用の猫の型に入れて、 

おむすびニャン 

↑これね。
これでパンナコッタならぬパンニャコッタを作ろうと画策したわけです。
で、どうなったかというと、
型からはずす際にパンナコッタが崩れ、何かわからないものに…( ̄∇ ̄;)
なんとか「猫」とわかるような形は残ったには残ったんですが、
出来上がりを見たドナルドもさすがに苦笑。。。。
 写真に残す気にもなりませんでした。
でも、クックパッドさんからのレシピでしたから、お味はバッチリv( ̄∇ ̄)v
マヌカハニーは、普通のハチミツよりも甘みがさらっとしているので、
甘さ控えめの大人の味になり、ドナルドもとても気に入ってくれました。 
気が向いたらまた作ってあげる予定です。

そしてあったかネタふたつ目。
今年はROUGEさんから、バレンタインギフトが届きました〜*(^o^)/*
猫のスポンジに、芳香剤、そしてチョコレート!
このチョコレートが包みを開けてビックリ!
わかるかしら?
全部猫よ、猫!
ハチワレ、茶トラに、豹柄などなど、いろんな猫さんが描かれてて
すごくかわいいの!
食べるのが勿体無いので、そのまま保管中♪
ROUGEさん、大切に頂きますね!
ありがとうございました~!

最後に、あったかネタ3つめ。
バレンタインデーはとっても暖かいsae地方でしたが、
一転、また寒い日が続くそうで…

寒い日は湯たんぽを抱え込んで暖をとるそら
湯たんぽを購入して以来、これがいつもの光景になりつつあります。
相当お気に入りな様子。
そら、暖かいですか?
ただね、その湯たんぽは、私が足を暖めるために購入したものでしてね、
出来れば、返していただけると有難いのですが…
寝たね…


はぁぁぁぁぁぁ…


結局、この湯たんぽは、そらの物となってしまいました。
すると、その様子を見ていたドナルドが、
もうひとつ湯たんぽを買ってきてくれました。

コードレス 蓄熱式 湯たんぽ ひつじ

こちらね。
この蓄熱式湯たんぽは、就寝時の私の足用として
そらに奪われることなく、めでたく利用しております。
短い蓄熱時間で、暖かさはかなり持続してくれるので、朝までぬくぬくです♪
そしてもうひとつ、こちらも一緒に買ってきてくれました♪

マルチクッション 足温器 3段階切替 TEKNOS テクノス EC-M3…

このマルチクッション、表と裏があり、
表はクッションとして、裏は足温器として利用できる優れもの!
なのですが、


これもそらに取られてしまいました…


毎晩、ホットカーペットのようにそらが利用しておりますぅぅぅぅ…
か、悲しすぎる…
ただ、そらが湯たんぽを抱えて寝る、この姿を見ていたドナルドがひと言、
「そら、年取ったな…」と。
 
たった8年足らずで私達の年齢を追い越してしまったそら。 
日中は、湯たんぽだけでなく、これまでほとんど入ることのなかった
もこもこあったかハウスの中でも寝ています。

少しずつ寒さにも弱くなってきてるんだろうな。
 我が家は日中は誰もいなくなるので、
これからは毎年、そらの寒さ対策グッズが増えていくのかもしれません。
でも、とにかく快適に過ごしてくれればそれでいい。
湯たんぽだろうと、足温器だろうと、好きなだけ使ってちょうだいな。

あ、でもひとつくらいは私に使わせてね。

( ̄∇ ̄;)


いかがでしたか?あったかネタ3連発。
ギフトを贈るのも、もらうのも、足の冷えは治りませんが、
心は暖かくなりますね。
そんな私の心が暖かくなった3つのお話でした~



本日もご訪問ありがとうございました!





★★★ いつも応援していただいてありがとうございます ★★★

☆☆☆ コメントをくださる皆様へ ☆☆☆

いつもコメントをくださってありがとうございます。更新の励みになり、とっても嬉しいです。
都合により、時折お返事が遅れてしまうことがありますが、必ずお返事いたしますので、
初めましての方も気軽にコメントをしてください。
ブログをお持ちの方はURLも忘れずに入力してくださいね!




皆様こんにちは!

本日もご訪問ありがとうございます!

また、先日のむっちゃんの誕生日に、たくさんのお祝いメッセージをくださり、

ありがとうございました。

 
1321

多忙のため、まだお祝いコメントくださった皆様のところに

回りきれていませんが、時間を見つけて少しずつご訪問させていただいております。

今しばらくおまちくださいませ<(_ _)>





さてさて本日は、前回出番のなかったそらのお話です。

日曜日に、そらの結石再診に行ってまいりました。

そらの採尿時間の関係でいつも午後診なのですが、

我が家でお世話になっている動物病院の午後診の開始時間は、なんと主婦泣かせの17:00!

そらのストレスも考えて、一番に診察してもらえるよう、

いつもより早くお夕飯の支度などの家事を一段落させ、

診察開始の30分前には病院に到着するようにしています。

DSC_1600

そう、暴れるんですよぉ。

あまりにもキャリーに入ってる時間が長いと、

手がつけられなくなるくらい暴れて、診察不可能になっちゃうんで

一番初めに診察してもらうために、通院の日はいつも必死です。

飼い主同様に

1351

病院で診察待ちのそらも必死の形相ですけどね(笑)

で、診察結果ですが…

おかげさまで今回の尿検査では、血尿も結石もマイナスでした~

ただ、Ph値が「7.0」と少々お高め。

引き続き、Phコントロールのゼロとオルファクトリーの割合を調整しながら

様子を見るということになりました。

DSC_1601

楽勝っていう割には、結石なくなるまで時間が掛かったよね?

まだ「快気祝いにちゅ~る食べよう!」とまでは喜べませんが、とりあえずひと安心です。

DSC_1609

う~ん、ph値が高いから、もう少しおあずけかな?

DSC_1608

うん。もうしばらくはダメだね。

あ、泣き落としはむっちゃんで免疫ついてるから通用しないよ。

DSC_1610

うん。残念だったね。引っかからないよ。

DSC_1611

DSC_1602

あ、むっちゃん、なんでもないです。お気になさらず~( ̄▽ ̄;)

担当獣医さんのお話によると、結石って年齢を重ねるほど出来なくなるんだとか。

5月には7歳になるそらの結石との戦いも、残りあと数年といったところでしょうね。

まあ、代わりに腎臓が悪くなっていくんでしょうけど…

また、以前の結石の記事を書いた際に、CATMOONさんから

「去勢が早いと結石になりやすいらしいよ」と教えていただきました。

そらは、生後6ヶ月に入った頃に去勢手術をしたんです。

獣医さんから「7ヶ月に入ったくらいに手術したほうがいい」と言われてたのに、

発情期に入ったら困る…と焦るあまり、「まだ大丈夫だから」と手術をシブる先生に

無理にお願いして早々に手術していただいたんです。

生後6ヶ月の去勢が早いか遅いかはわかりませんが、獣医さんの忠告どおりに

7ヶ月に入ったあたりで去勢手術をしたむっちゃんが、結石知らずなことを考えると、

やはり6ヶ月では早かったのかもしれないなぁって思う今日この頃です。



さあ、そらちゃん、

残るはph値のみ!

頑張ってご飯調整するからね!

もう少しの我慢だよぉ!




本日もご訪問ありがとうございました!




【おまけの長話】

我が家流の採尿方法

先日barusa39さんのところで、採尿が大変っていう記事を見かけまして、

私も「我が家流」の採尿方法を記事にしてみようと思い立ちました。

長いお話になりますので、面倒な方はスルーしてくださいませ。

では、まず初めに採尿する際の道具から。

私も初めてそらの採尿をする時には、色々なブログを参考にさせていただきましたが、

私が見た中での一番の主流は、100均のオタマでしょうか。

010306life048-trans

こういうやつね。

柄が長いし、採尿しやすいんだそうです。

私も当初、これを使おうと思ったんですが、ふと疑問に思うことがありまして。

それは

1. これで採尿すると、両手の作業ができなくなるよね?

2. 採尿後はオタマ洗うの?どうやって?

3. 次に使うまで、お掃除グッズとオタマはどうやって保管しておくの?

とまあ、こんなことを考えたんでございますよ。

一度使ったものをしまっておくって、なんとなく不衛生っぽい気がするし、

特に、私が通っている動物病院で渡される容器はシリンジなので…

あ、シリンジってこういうヤツね。
70
これに尿を入れてそのまま持って行くんですよ。

なので、尿を移すときに両手を使えないと非常に困るわけです。

そこで、この疑問点をすべて解決できるものは無いかしらと探していると、

とあるブログに「紙コップを採尿しやすくカットして使ってます」って方がいらしてね、

そのカットっていうのが、この形

これ、ガーデニング用の土入れなんですが、

そのブログの管理者の方が、ガーデニングの最中に思いついて、

試しに紙コップをこの形にカットして使ってみたところ、

猫のお尻の下にも差し込みやすいし、

採尿したあと容器に移すまで、ちょっと置いておくことも可能だし、

しかも使用後は捨てちゃうだけだから、後片付けもとっても簡単なんだそう。

「これはなかなかいいんでないの?」ってことでこれを採用することにしたんですが、

その数日後の記事に「白い紙コップは尿がちゃんと入ってるか確認できない」との記事を発見、

なので、我が家では透明の使い捨てコップを利用することにしたんですが…

私ってね、ほら、ね?



すんげ面倒くさがりでしょ?



紙コップを切るなんて、もうそれだけで面倒なわけ。

なので、考えた末に我が家で採用したコップはこちら



これね、スーパーなんかでジュースやワインの試飲用に使っている透明の小さいコップよ。

これがなかなか便利でね。

容器が小さいから猫の体にスッと差し込めるし、ちゃんと尿を受け止めてるかも見える。

そして何よりも




切る必要がない~ヾ(=^▽^=)ノ




これにしてから、採尿するときの私のストレスが半減したといっても過言ではありませんのよ!

ズボラな飼い主にはピッタリなんです。

おたまの採尿はイマイチなんだよねぇって思う方は、試してみてくださいね♪

で、次は採尿方法なんですが、参考にした方のブログには、

「猫って尿を途中で止められないらしい」と書いてあったので、

猫たちが、砂の上でジーっと動かなくなるのをしっかり確認してから

猫の背後から静かに近づいて、尻尾の根本を少しだけ「クィッ」と持ち上げて

コップを差し入れて採尿します。ビックリするくらい簡単に出来ますよ。

とにかく「砂の上で猫が動かなくなるまで焦らず待つ」っていうのと

「すべての動作を静かに」っていうのがポイントですね。

採尿に慣れた方なら「なんだそんなこと?」って思われてしまいそうですが、

慣れてない人からすると、「あぁ~、猫がトイレに入った~っ!オシッコ採らなきゃ!」

な~んて焦ってバタバタしちゃって、かえって猫に警戒心を持たれたりしちゃいますもんね。

猫にとってトイレはとてもとても大事な場所なんだそうです。

採尿時でなくても、うるさくされたりバタバタしたりはご法度らしいので、

採尿時は特に人間のほうが普段どおりに振舞ってあげるといいかもしれません。

あと、参考にした方のブログには、システムトイレのトレイ部分の

ペットシーツを外して採尿するという方法も紹介されてました。

half01_img

                             ※写真はユニチャームデオトイレ

これって、トレイにおちた尿を採取するだけなので、とっても楽だし、

猫もストレス感じなくてすごくいい方法なのですが、

上の消臭用サンドを通してしまいますので、正確な数値が測れるかどうかは不明だそうです。

どうしても採尿に困ったときの最終手段ですね。

その際には獣医さんに事前にご相談してみるか、

「消臭サンドを通してますけど」って言って渡してみるといいそうです。

我が家にもシステムトイレがあるので、一度この方法を試そうと思ったのですが、

サンドを通すのを心配とか言う前に、「どうせトレイに落ちるし~」と高をくくって

全然監視していなかったため、気付いたときにはいつの尿かわからなかったという…(苦笑)

まったく私ってばスボラの極みだわって深く反省したもんです。

採尿できたら時間を長く置かないことも大事ですから、

なるべく早く獣医さんのところへ持って行きましょうね。

とまあ、「我が家流」とは書きましたが、ほとんどそのブログの方の受け売りです(笑)

残念ながらご交流の無い方なので、ブログのご紹介はできませんが、

その方のブログは他にも参考になる記事がたくさんあって、いつもお世話になってました。

採尿方法に迷ったりしている方の参考になれば幸いです。





★☆★コメントをくださる皆様へ★☆★
 
いつもコメントをくださってありがとうございます。更新の励みになり、とっても嬉しいです。
都合により、只今コメントのお返事をお休みしておりまして、
ブログをお持ちの方には、ご訪問の際にお返事代わりのコメントをさせていただいております。
時折ご訪問が遅れてしまうことがありますが、必ずお伺いいたしますので、
初めましての方も気軽にコメントをしてください。
コメントを投稿してくださる際にはURLも忘れずに入力してくださいね!
なお、非公開のメッセージを送りたい方は、
左側のブログパーツ「メッセージを送れますの♪」へ入力してくださいね。



 

皆様こんにちは!

本日もご訪問くださってありがとうございます!

あれよあれよの間に、もう9月に突入。

日中もだいぶ過ごしやすくなり、すっかり秋めいてきましたね。

ちょうど今日は防災の日ということで、本題の前に防災に関するお話を少し。

皆さんは環境省からこんなガイドラインが出ているのを知っていますか?

災害時におけるペットの救護対策ガイドライン 
(PDFで開きます)

東日本大震災では、ペットを自宅に残したまま避難したけど、

そのまま自宅に戻れなくなり、残されたペットたちが

放浪状態となってしまった事態が発生しました。

それを受けて、環境省が作成したガイドラインです。

これによると環境省はペットと同行避難を推進しています。

ペットを泣く泣く自宅に残して避難する必要はないということですね。

もちろん、同行避難についてはいろいろと決まりごとがあるんですが、それは割愛。

ちなみに私の住む静岡県にはペットとの災害対策に関して、こんなページがあり、

ペットの地震対策

マニュアルや救護計画も公開されています。

また、静岡市ではペット同伴の避難訓練も実施されています。

こういう訓練の告知は大々的に行われることがないので、

なかなか参加することができないのですが、機会があったら参加してみたいですね。

皆さんのお住まいの地域ではどうですか?

防災頭巾をかぶって、安全地帯まで移動することだけが防災訓練ではありません。

もちろん、それもとっても大事なことですが、

何よりも大切なペットの命を守るために、この防災の日に、

市町村のHPで防災対策のマニュアルなどを再確認するのも、

立派な防災訓練だと思いますよ。

ぜひお試しくださいませ♪



pan1dpan1dpan1dpan1dpan1dpan1dpan1d




さてさて、今日はアレルギーの記事ですっかり後回しになってしまったお話を。

時を遡ること8月1日。

我が家のすぐ近くの神社でお祭りが催されるとのことで、可愛らしいお客様がお見えになりました。

この子

DSC_0032

ちーちゃん(2歳)

今年4月から新たに赴任した、私よりも14歳も若い上司の愛娘さんです。

ちーちゃん、まだ2歳になったばかりで、言葉もたくさんは喋れません。

でも猫を見れば「にゃんにゃん」って言えます。

うちの猫達はこんなに小さな子との対面は初めて。

齧ったり、噛んだりしないだろうかと心配しましたが、

むっちゃんは案の定ビビって避難。即効で幻の猫と化しました。

そしてそらは…

DSC_0036

石化

いえいえ、ウソです。

小さい子でも大丈夫でしたよ。若干ビビリ気味ではありましたけどね。

というのも、以前とある番組で、

「お客様に不慣れな猫には、訪問の際におやつをあげてもらい、
お客様が来るといいことがあると思わせると良い」

と言っていたのを思い出しましてね、

いわゆる「関連付け」というものです。

それで、ちーちゃんのパパとママ、そしてちーちゃんに

おやつをあげてもらったんですよ。

名付けて「おやつを進呈して仲良くなろうミッション」です(←そのまま)

この作戦、むっちゃんには全く効かず、ミッション失敗でしたが、そらには有効でした。

ちーちゃんのパパとママは、無事にミッションは完了し、次はちーちゃんの番です。

まずは、猫とのご挨拶から。

DSC_0014

鼻チューです。無事に成功。

あ、ちなみにちーちゃんを抱っこしているのが、


私より14歳も若い…


あ、もういい?

はい、ちーちゃんのパパで、私の上司です。

さて、ご挨拶が済んだら、ミッション開始です。

ちーちゃん、上手におやつをあげられるでしょうか?

DSC_0018

手におやつを持ってるの、わかりますか?

DSC_0016

ちゃんと食べてくれるかな?

DSC_0020

おぉ!舐めた!

いいぞっ!その調子っ!

って思ったところで、ちーちゃんがおやつを手から離すタイミングがわからず失敗。

そらも、なかなかおやつが食べられないので、

諦めて場所移動を開始してしまいました。

すると、すかさずドナルドがフォローに入り、

DSC_0026

ちーちゃんの手のひらにオヤツを乗せて食べさせ、ミッションコンプリート。

DSC_0034

ちーちゃんも満足げ♪

そして

DSC_0030

ドナルドに褒められたそらも満足げ♪

その後ちーちゃんは、場所移動を始めたそらと一緒に移動し、

DSC_0038

なにやら密談。

共に言葉がない者同士、相通じるものがあるんでしょうか?

で、

DSC_0042

再びご挨拶。

場所移動しようとしているそらと、「さようなら」の挨拶をしたのかと思いきや

anigif

一緒に消えてゆきました( ̄▽ ̄;)

何の密談してたのかしら?

この後、神社から盛大な花火が上がり始め(←本当はこっちがメイン)

猫達は二人とも避難場所から出てこなくなったので、

みんなで花火を見たり、ちーちゃんとパパの

DSC_0003

大人には良くわからない歌と踊りを見せてもらいながら、

楽しい時間を過ごしました。

ドナルドはすごく酔っ払って、途中から記憶がないそうです(笑)

それだけ楽しかったってことだよね。

そして、来客時にはいつもどこかに隠れてしまっていたそらとむっちゃん。

むっちゃんはまだまだお客様はNGですが、

そらは少しずつ慣れてきているようです。

どなたか「私もそのミッションやるわっ!」って方がいましたら、

ぜひとも我が家へどうぞ♪



本日もご訪問ありがとうございました!




★☆★コメントをくださる皆様へ★☆★
 
いつもコメントをくださってありがとうございます。更新の励みになり、とっても嬉しいです。
都合により、只今コメントのお返事をお休みしておりまして、
ブログをお持ちの方には、ご訪問の際にお返事代わりのコメントをさせていただいております。
時折ご訪問が遅れてしまうことがありますが、必ずお伺いいたしますので、
初めましての方も気軽にコメントをしてください。
コメントを投稿してくださる際にはURLも忘れずに入力してくださいね!
なお、非公開のメッセージを送りたい方は、
左側のブログパーツ「メッセージを送れますの♪」へ入力してくださいね。






皆様こんにちは!

本日も遊びに来てくださってありがとうございます。

GWも終了したというのに、年度末~年始の処理で

まだバタバタしていて、絶賛不義理中のsaeです。

毎度のことながら、皆様のところへご訪問できず、本当に申し訳ありません<(_ _)>

今週は会議を控えておりますので、それが終わったら少しは余裕ができるかな?

それまで、今しばらく不義理をお許しくださいませ。




さてさて、里親さん募集の記事だの、ねこ友さんの記事で、

ネタがズレズレになってしまったのですが、

我が家のそらさん

DSC_0001


去る5月3日に、無事6歳の誕生日を迎えることができましたっ!

パチパチパチパチ~♪

まあね、結石だのアレルギーだのと、色々ありますが、

重篤な病気と闘っているにゃんこに比べたら、元気元気っ!

本当にありがたい限りです。

DSC_0011

一時期は、おもちゃにもまるっきり反応をしなくなったこともあったそらですが、

ここ数ヶ月は、おもちゃでも良く遊んでくれるし、よく食べ、よく寝てくれます。

そんなそらちゃんに、今年も恒例の人間用ケーキでお祝いしようと思っていたところ、

今回はドナルドからストップがかかりました。


そらの誕生日に、人間用のケーキ買ってお祝いしても意味ない」とのこと。


ふ~ん…( ̄_ ̄ )…




いまさら?




そんなこと、そらの誕生日を6回もやってるのに、偉そうに言うもんじゃないでしょ?

な~んて思っちゃったけどね、でもその通りよね。

というわけで~

何か他にお祝いする方法はないかしらと考えたけど思いつかず、

某人気ブログ(勝手にリンク)の真似をして、おやつでお祝いしようと思い立ちました。

いつもおやつをあげる時は、待ちきれないそらとむっちゃんのために

袋を開けながら猫のごはん皿まで移動する私。

今日は、おやつを開けて、お皿に盛り付けてからあげるからな~

おやつを準備している間、ちゃんとおとなしく待っていてくれるだろうか…

なんて、ちょっと心配しながらおやつの準備を始めると、

DSC_0018


やかましいな…( ̄▽ ̄;)

当のそらはおとなしく待ってるのに…

ま、ここは無視するに限るわね!って…

DSC_0018


ヽ(#`Д´)ノうっさいよ!


DSC_0021

ふんっ!って言いたいのはこっちだよ。

ったくもう~。

さて、むっちゃんにうるさく催促されながらも、ようやく出来上がりました~

こちら

DSC_0026

ちゅ~るとクリスピーキッスで作ってみたの~♪

真ん中は『6』に見えるかしら?

ちなみに、誕生日でもないのに、うるさく催促していたむっちゃんには

DSC_0031


ふつう。


こちらをそれぞれに進呈。

DSC_0032

美味しそうに食べてくれてます。
 
DSC_0043

ふたりとも、30秒足らずであっという間に完食。

DSC_0053

これ以上はありませんよ。

DSC_0054

ないね。

DSC_0062

それは、むっちゃんのお皿だけど…

DSC_0073

DSC_0075

( ̄ー ̄)

そらが好きな食べ物は、むっちゃんも大好き。

そらが横取りに行っても、残っているはずもなく、虚しく退散。

そら、お誕生日のお祝いおやつはいかがでした?

DSC_0128

ま、いつものおやつを飾っただけだけどね( ̄▽ ̄;)

でも、人間用のケーキなんかよりも、こっちのほうがよっぽど嬉しいよね。

これから毎年、こうやっておやつでお祝いしようね♪

DSC_0135

もちろん♪


そして、誕生日のたびに思うこと。

「多くは望まないから、とにかく元気でいて欲しい」

でも、その「元気で」いてもらうのが一番難しいのよね。 

これからも、そらとむっちゃんが元気でいてくれるよう、私ががんばらなきゃね。

改めて…

DSC_0007

 お誕生日おめでとう!そら!




本日もご訪問ありがとうございました!




★☆★コメントをくださる皆様へ★☆★
 
いつもコメントをくださってありがとうございます。更新の励みになり、とっても嬉しいです。
都合により、只今コメントのお返事をお休みしておりまして、
ブログをお持ちの方には、ご訪問の際にお返事代わりのコメントをさせていただいております。
時折ご訪問が遅れてしまうことがありますが、必ずお伺いいたしますので、
初めましての方も気軽にコメントをしてください。
コメントを投稿してくださる際にはURLも忘れずに入力してくださいね!
なお、非公開のメッセージを送りたい方は、
左側のブログパーツ「メッセージを送れますの♪」へ入力してくださいね。


○●○●○●○●○ランキングに参加しています!○●○●○●○●○

そらとむくをぽちっといただけると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ  banner


 

皆様こんにちは!

いや~、ご無沙汰しておりました~。

なんと 前回の更新から、あっという間に10日も経ってたんですね。

皆様お元気にしていらっしゃいますでしょうか?

皆様から、コメントやメッセージをいただいていたのに、お返しもせず、

本当に申し訳ありませんでした。

冗談でなく、本当に今年の春は忙しかった…。

仕事で毎日パソコンを開いているのに、ブログの管理ページに入る時間もなく、

しかも、先週末は、ちょっとばかり新幹線に乗って、

IMG_1119

こんな雲だらけな富士山を横目で見ながら

IMG_1120

池袋へライブ(お笑い)を見に行ったり、

一昨日の土曜日は、そらの耳掃除のその後を

病院に診てもらいに行ったりしておりましたが、

ようやく、あと一週間くらいで仕事のメドがつきそうなところまできました。

週末のお出かけ予定も、来週の祖母の3回忌で終わり。

そろそろいつもの日常を取り戻せそうな気がします。

皆様には大いなる不義理をしてしまっていて、本当に申し訳ありませんでした。

そして、前記事に初コメくださった「まり」さ~ん!

ありがとうございます!

加えて、かなり前に初コメくださっていた「しろ」さ~ん!

まだ見ていてくれてますでしょうか?

本当にありがとうございます!

こんなグズグズなブログですけど、どうぞこれからもよろしくお願いしますね。 



前置きがかなり長くなりましたが、前記事のコメントいただいた中に

「ワクチンって毎年でしょ?」とのコメントがありましたので、補足です。

動物病院によって、ワクチン接種の時期は違うんですよ。

摂取しているワクチンは同じものですが、先生の見解によって

「毎年派」と「3年派」に分かれるんです。

これは、2003年に米国の獣医学協会などのガイドラインで

「ワクチンは3年に1度でいい」と提唱されたのがきっかけだと思われます。

DSC_0035

私も現在の動物病院で「次のワクチンは3年後ね~」と先生に言われ、

思わず「毎年じゃないんですか?」と聞き返したら、

このガイドラインの話をしていただいた覚えがありますので、

各獣医師がこのガイドラインをどう受け止めるかで、ワクチン接種の時期は変わります。

現在、ほとんどの獣医師は「年に一度」を推奨しているはず。

007

もし、今回のそらのように、摂取後の体への負担が大きそうで、

毎年ワクチンを接種するのに不安を感じるようでしたら、

かかりつけの先生に、思い切って相談してみるのもいいかもしれませんよ。


pan1d


さてさて、本日はそらの目の話。

忙しくて、4月に入ってから、全然写真も撮影していないので、

代わり映えのしない写真が続きますが、

一昨日にそらが病院から帰ったときの写真です。

病院で怒りまくって帰ってきたので、疲労感MAXです。

むっちゃんの写真も登場しますが、本文とは全く関係ありませんのであしからず。

そらの目の話を記事にするのは、約一年半ぶり。本当に久しぶりです。

今までのそらの目の記事はこちら→結膜炎

実はそらの目は、点眼薬を点すと一晩で治ってしまうので、

いままで、目が腫れたタイミングで先生に診せたことがありませんでした。

今では、そらの目が腫れるのは、私たちにとって日常になりつつあり、

その都度記事にすることもなくなってきていました。

DSC_0009

ただ、目が腫れる原因を見つけたいので、観察は続けてましたけどね。

で、一昨日の受診の際に、本当にタイミングよく、目が腫れてくれて、

先生に腫れた状態を診せることができました。

今まで、目が腫れたときのそらの状態を観察していて気付いたことは3つ。

1.耳が痒いときに、同時に目が腫れる。

2.春と秋は特に頻発する

3.メールケアからオルファクトリーにフードを変更したら腫れが激減した。

どれも気付いた時期はバラバラで、気付いた時点でブログ記事にしようと

思ったこともあるのですが、なにしろ根拠がないので、記事は控えてました。

で、これを先生にお話しすると、「そらくん、くしゃみは出ますか?」との質問。

思わぬ質問に、ちょっとフェイントをくらった気分でしたが、よくよく考えたら、くしゃみもします。

一度くしゃみが出始めると止まらなくなる事も。

それを伝えると、今度は「そらくんは野良出身?」と。


…( ̄_ ̄;)…


おいおい、アメリカンカールの野良って見たことねーぞって思いながら、

ブリーダーさんから譲り受けたと伝えると、

「その時鼻水とか涙とか出てなかった?」と聞かれ、

そういえば、そらが我が家に来たのは生後4ヶ月を過ぎてて、

小さい頃は、どんなだったか知らないんだったと、気が付きました。

DSC_0004

ひとしきり問診を終えて、先生の口から出た、可能性のある病気は2つ。

アレルギーと猫ヘルペス

アレルギーは「なんとなく、もしかして…」と思っていたので

あまり驚きもしなかったのですが、猫ヘルペスって…( ̄∇ ̄;)

診断されたわけではないけど、ちょっとショックでした。

先生いわく「もともと体の中にウィルスを持っていて、

何かの拍子に症状が出てるのかもしれない」のだそう。

ただ、春と秋に頻発することや、食事を変えたら腫れが減るなどの場合は

アレルギーの可能性が高いそうです。

先生から「アレルギーの検査しますか?」と聞かれた私。

「あの…お値段は如何ほど…?」と聞き返すと

「えーっと、高いですよ。2万円くらい



(;゚;Д;゚;;) はい?に、にまんえん?


というわけで、ボーナスをもらってから検査することにしました(笑)

そら、ごめんよぉ、貧乏で…

DSC_0006

疲れてるね( ̄∇ ̄;)

と、ここで、「ペット保険に入ってたよね?」と思った方がいると思いますので、

アレルギーと猫ヘルペスは保険を使えるかという話を補足しておきますと、

アニコムのペット保険は、健康体に施す検査自体は、保険金支払の対象外なので、

アレルギーの検査代はすべて自腹となります。

ただ、検査の結果アレルギーが見つかり、治療が必要になった場合は、

アレルギー検査代も保険金支払い対象に変更になります。

また、猫ヘルペスは治療も検査もすべて支払対象外なので全額自腹です。

そらの場合、保険加入の際に、常用的に目薬を点しているという告知をしたため、

目の病気に関しては、保険の支払対象外となっています。

これがアレルギーが原因だったとなると、もしかすると治療そのものを

実費で払わないといけなくなるかもしれませんね。

とても微妙なところで、これは保険金を請求してくれるAHTさんにお任せするほかないです。

今のところ、そらにも困ったような症状が出ているわけではありませんので、

貧乏なsaeとしては、ボーナスもらうまでは、もうしばらく我慢をしてもらいたいところなわけです。

DSC_0019

帰宅後は、こんな風に疲れた表情でずっと寝ているそら。

病院は、猫にとってとてもストレスの溜まる場所ですから、何度も行きたくはないでしょうね。

DSC_0021

いいえ、行くんですよ。

むっちゃんのワクチン接種まで、あとどのくらいかな?

あと数ヶ月で招待状が届くと思うよ。

実はむっちゃんにも、記事にしていない気になる症状があるので、

ワクチン接種のときに相談したいと思います。

DSC_0047

┐( ̄ヘ ̄)┌





本日もご訪問ありがとうございました!





【おまけのひとりごと】

一昨日の動物病院の待合室での出来事。

そらの受付を済ませ、待合室で順番待ちをしていると、

ご婦人が、猫をキャリーに入れずに、毛布で包んで診察室から出てきました。

猫は毛布から顔を出した状態だったのですが、顔を見てビックリ。

下あごがボッコリと腫れ上がり、満足に閉まらなくなった口からは

ヨダレと血膿が流れ出ていました。

素人の私が見ても「腫瘍」だとわかる状態。

思わず「腫瘍ですか?」とご婦人に尋ねると「腫瘍でした」と。

「腫瘍でした」というお答えに違和感を覚えたので、さらに聞いてみると、

今まで通っていた他の動物病院では腫瘍ではないと診断され、

ずっと投薬治療を続けていたのですが、症状はひどくなる一方だったため、

知り合いに相談して病院を教えてもらい、診察してもらいに来たんだそうです。

で、結果は腫瘍。

先生からは「どの獣医師が見ても腫瘍だと一目でわかるんですけどね~」と言われたそうです。

この猫ちゃん、年齢は推定15歳。

他の動物病院の先生は「年齢的にも手術は出来ない。痛みが出るようだったら

痛み止めで抑え、あとは見守るしかない」と言われたそうなんですが、

診察を受けたところ「この年齢なら、今は手術も可能なんですよ」と言われたそう。

ただし、転移を防止するためと、腫瘍が大きくなりすぎたため、

腫瘍部分だけを取り除くことは、もう不可能なんだそうで、

下あごすべて(骨ごと)除去しなくてはならないのだと、

時折、猫ちゃんの口から流れ出る血膿を拭いながら、

声を詰まらせ、時には震わせながら、話してくれました。

ずっと腫瘍ではないと信じて治療をがんばっていたご婦人と猫ちゃん。

病院を変えたら「腫瘍」だと言われたばかりか、

手術したら下あごがなくなってしまうという事態に直面し、

その心中をお察しするには余りあるものがありました。

もちろん、手術を受けずにこのまま見守るという選択肢もあると思いますが、

このご婦人が愛おしそうに猫ちゃんの頭を撫でながら「本当はすごくべっぴんさんなのよ」と

言っている姿を見ていたら、きっと手術を受けるのではないかと思いました。

本当はもっともっとお話を聞いてあげて、猫ちゃんにも「大丈夫だよ、きっと頑張れるから」って

言ってあげたかったのですが、残念ながら私が診察室に呼ばれてしまい、

充分にお話を聞いてあげられませんでした。

診察室に入る間際に「どうぞ、お大事にしてください」とだけしか言えませんでしたが、

またこの病院でお会いする機会があったら、お話を聞いてあげたいなって思います。

同時に、うちの猫たちが健康でいてくれることに感謝。

そして、病気と闘っている猫ちゃんすべてにエールを送りたい。

そんな気持ちになりました。

ちなみにこの猫ちゃん、毛布に包まれていておとなしくしていましたが、

とても目力が強く、被毛もツヤツヤで、介助が必要ながらもご飯をモリモリ食べてるそうです。

とても15歳という年齢の猫には見えませんでした。

辛いお話を聞く中で、それが何よりの救いでしたし、

ご婦人も「この子がご飯をモリモリ食べてくれるから頑張れる」って仰ってました。

お名前を聞く時間もなかったけど、猫ちゃん、がんばれ!

応援してるよ!絶対に良くなるって信じてるからね!




 

★☆★コメントをくださる皆様へ★☆★
 
いつもコメントをくださってありがとうございます。更新の励みになり、とっても嬉しいです。
都合により、只今コメントのお返事をお休みしておりまして、
ブログをお持ちの方には、ご訪問の際にお返事代わりのコメントをさせていただいております。
時折ご訪問が遅れてしまうことがありますが、必ずお伺いいたしますので、
初めましての方も気軽にコメントをしてください。
コメントを投稿してくださる際にはURLも忘れずに入力してくださいね!
なお、非公開のメッセージを送りたい方は、
左側のブログパーツ「メッセージを送れますの♪」へ入力してくださいね。


○●○●○●○●○ランキングに参加しています!○●○●○●○●○

そらとむくをぽちっといただけると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ  banner